2021年4月13日火曜日

この頃。

 昨日、茨城県のとある地方市場へ行って来ました。

ちいさいながらも特徴ある経営方針で地に足を付けた事業をしているという

印象で常に若い社員の皆さんが新しい事を自分達で考え実行している

中央集中型の構造に悩み前に進めない企業と地方という利点から新しい取り組みを

計画実行する企業明暗ハッキリです。

来月位から此処何年も大人しくしていたので・・・・そろそろ目覚めないとね

昨日、コロナの影響で遅れていたスペイン製の自動計量器本日組み立て設置と

試験稼働・・・なんか今度のは凄いみたいです。


2021年3月20日土曜日

55歳

 本日55歳の誕生日を迎えました

産まれた時の事を聞いたり、若い時の自分を

振り返ると良くこの歳までと思います。

去年くらいから色々な出来事がありましたが

これからも自分らしく年齢を重ねて行こうと

思っています・・・・本当は仕事も引退する

予定だったのですが、もう少し頑張ります。

次世代に向けいよいよ来月後半から動き出します。


2021年3月13日土曜日

26年目

 関東は雨です、本日3月13日は当社創立日26年目を迎えました。

26年目28期は自分の中で次に向けての準備期間としています。

HACCP(JFS-B規格)の取得と新たなる事業の挑戦に向けて

27年目となる29期はこれまでに無い設備投資と事業の幅を広げる為に

大きな展開を進める事となります。

ずっと前から考えていた事業展開を実現させる自信とチャンスが

来たと確信しました、小生の年齢からしてもこれが最後の大勝負に

なります、どの様になるか・・・楽しみです。


2021年3月1日月曜日

3月になりました。

 関東はなんとなく春が近くなってきました、

相変わらずのコロナ禍世の中何処に向かって行くんでしょうね

今年に入り当社としてJFS-B規格の取得に入りました。

コロナ禍終決に向け青果物パッケージ業はグレーゾーンだから

1次加工はまだ大丈夫だから・・・なんて言ってられません。

本社若手社員が嬉しい事に率先して勉強しています。

決められた仕事を決められた通り進める事が現代の仕事の

仕方なのかも・・・。良い事だと思います

B規格終了後C規格取得(国際規約:FSSC22000)を計画しています。

個人的にはこれまでの人生で1.2位を争うぐらい辛い出来事が

ありました。

それでも日々は続きやらなくてはならない事が沢山あります

現業務は徐々に次世代に任せ、これからの未来に向け個人的には

後3年で前線を離れたいと思っています、最後の勝負

当社の展開おもしろくなりますよ。

たまに更新します・・・・四郎。

2021年1月2日土曜日

2021年

明けましておめでとうございます
昨年は世界中がコロナに翻弄される年となりました
当分の間このウイルスとの共存する事と予想します
一人一人が感染予防これが原則、皆で気を付けましょう
そんな中2021年当社は3つの大きな計画をしています
①JFS-B規格の取得
②新施設への設備投資
③SPAV本格販売開始
世の中がこのコロナウイルスによって変化する時代だからこそ
青果物流通、食を扱う企業としての安心を食卓へ責任を持って
届けられる企業を目指しJFS-B規格HACCP推奨と新施設をもって
日々の業務を推進しSPAV鮮度保持資材をより高度な製品に作り上げ
SDGs食品ロスの問題、生活環境問題に真剣に取り組む。
2021年から2023年までに一定の成果が出る様進めて行きたいと
思います、小生にとって最後の大仕事のつもりで頑張ります
今年も宜しくお願いします。

2020年11月6日金曜日

28期。決断!


 令和2年11月1日から28期に入ります、日本を含め世界中がコロナで大変な状況にある中

当社の社員、従業員さん達は農産物の加工、流通という業種に責任を持って仕事をして

くれています、本当に感謝です。

27期当社オリジナル鮮度保持資材「SPAV」シリーズの試験販売開始、小生の考えに

同調してくれた㈱ベルグリーンワイズ様には良く理解してくれたという想いと感謝の

気持ちでいっぱいです、それに加え今期写真にある通りHACCP制度化を取り入れます

社内では令和2年10月28日HACCP制度導入を宣言全社一丸となり進める事となります

本来なら、一昨年から準備をしておくべきだったのですが・・・・ちょっと遅れました

来年の義務化に向け真剣に頑張ります。

加えて今期は大きな設備投資も考えています、最近2年判断力、行動力、決断力が欠けて

いた自分に喝を入れ次世代に向けての準備を28期、29期、30期の3年で作り上げていく

そんな決意の1年目どこまで出来るか・・・自分でも楽しみながら頑張ります。。。





2020年8月7日金曜日

札幌。

 8月3日から札幌にて勤務、本州は梅雨明けで夏本番ですが

北海道はずっと雨が続いています、農産物にとって厳しい環境です

日照不足で成長が遅れ、病気の発生も多くなります品質的にも例年と

同じ様にはいかない年です、誰でも解る事だと思います。

だけど・・・・お客様には言えない、目線合わせ、産地背景、環境も

説明出来ない・・・当社の社員も言われたまま・・・情けない限りです

物を大切にする気持ち、生産者への想い、自分たちの立場、この仕事の意味

もっと理解していかないとこの事業そのものが無くなってしまいます。

我々世代の伝え方が下手なのかな・・・・。たぶんそうなんでしょうね

悲しい限りです。